Jリーグ(日本)に来たスペイン人サッカー選手たち

バルセロナを退団するイニエスタが、Jリーグヴィッセル神戸に来るんじゃないかと噂になっています。

 

f:id:shinpsonkun:20180509020441j:plain

 

イニエスタと言えばバルセロナだけではなく、スペインサッカーの象徴です。

 

f:id:shinpsonkun:20180509020459j:plain

 

そんな大物がJリーグに来たとしたら、Jリーグがさらに盛り上がること必至です。

 

Jリーグと言えば、ブラジル人や韓国人が多くプレーしていますが、過去・現在とスペイン人選手はそれほどプレーしている印象がありません。

 

今回はJリーグでプレーした知られざるスペイン人選手を探ってみたいと思います。

 

 

 

目次

ベギリスタイン

浦和レッズで活躍した元スペイン代表の大物。愛称は「チキ」。レアル・ソシエダでデビューをし、バルセロナでも活躍。左足のキックの精度は素晴らしいものがありました。

 

エスクデロ

アルゼンチンとスペイン国籍を保有するエスクデロ浦和レッズで活躍し、韓国→中国と渡り歩き、現在はJ2の京都パープルサンガでプレーしています。小柄ですが当たりに強く、重戦車のようなドリブルが特徴。2007年に日本国籍を取得、夢は日本代表です。

 

フランシスコ・サンダサ

スペインのクラブでは活躍できずに、イングランドスコットランドで結果を残し、FC東京に移籍してきました。長身を生かしたヘディングを得意としましたが、決定力を欠きFC東京でも出番に恵まれず退団し、スペインのジローナに移籍しました。

 

カルロス・マルティネス

2018年現在、東京ヴェルディ所属のFW。ビジャレアルBで活躍し、ヴェルディ監督ロティーナからの誘いで加入しました。イニエスタの友人だそうですw

 

ドリアン・バブンスキー

町田ゼルビア所属。マケドニアとの2重国籍。兄のダビドは横浜マリノス所属です。ユース時代はレアルマドリードでした。

 

フリオ・サリナス

こちらも大物です。横浜Fマリノスに所属していました。アトレティコバルセロナというリーガエスパニョーラのトップチームでも活躍し、日本にやって来ました。J1記録の8試合連続得点をしています。

 

ゴイコエチェア

サリナスとはバルセロナでチームメイトでした。横浜Fマリノスで1年だけプレーしました。元スペイン代表の右サイドバックの選手です。

 

ダビド・バブンスキー

横浜Fマリノス所属。マケドニアとの2重国籍。弟は町田ゼルビア所属。繊細なタッチでユーゴのレッドスターでも活躍しました。

 

シシーニョ

ユース世代から将来を嘱望された選手で、セスクやシルバとともにU-17代表。U-21ではピケやマタともチームメイトだった。現在徳島ボルティスでプレー。怪我が多く、ヨーロッパでは活躍できずに、FC岐阜に加入した。日本が好きで自らJのチームにTwitter経由で売り込みをかけていたw 福岡の城後に憧れていて、試合したときにはユニフォーム交換もしている。

 

ビクトル・イバニェス

FC岐阜所属の珍しいスペイン人GK。ヨーロッパのトップでは活躍できなかったが、FC岐阜では全幅の信頼を集め全試合に出場している。191cm。

 

オスマル・イバニェス

タイや韓国で活躍した異色の経歴の持ち主。2018年にセレッソ大阪にレンタルで加入した。長身のミッドフィルダー

 

オスマル・イバニェス

ヴィッセル神戸に所属していた選手。バルセロナでキャリアをスタートさせているが、神戸では目立った活躍が出来ず。

 

ファンマ

2018年現在V・長崎に所属。なかなかヨーロッパのトップチームで活躍出来ず、長崎にやってきた。長崎ではハットトリックを達成したり、チームの中心として活躍している。

 

ミゲル・パジャルド

スペインのレバンテやスコットランドのハーツで活躍し、V・長崎に加入した。わずか4試合で退団してしまった。

 

 

まとめ

このように過去・現在含めてそれほど多くのスペイン人選手はJリーグには所属しておりません。

 

ただもしイニエスタがやって来るなら、今後はたくさんのスペイン人選手がJリーグに目を向けるはずです。

 

 F・トーレスサガン鳥栖へ移籍するか?という記事もありますので、イニエスタ選手の動向とともに注目したいですね。

 

徳島ヴォルティスシシーニョが日本に来たきっかけで面白い記事があったので貼っておきます!

www.footballchannel.jp

 

イニエスタについて▼ 

www.amsams.site