Jリーグ史上最高の助っ人 アンドレス・イニエスタとは?

Jリーグヴィッセル神戸入団が内定しているアンドレス・イニエスタ

 

f:id:shinpsonkun:20180520002806p:plain

 

過去Jリーグにはリネカージーコストイコビッチドゥンガなど数々の有名な選手が入団して話題になりました。

 

しかし、今回のイニエスタはその比ではありません。

 

なぜなら多少力が衰えてきたとはいえ、現役バリバリのバルセロナの中心選手の1人です。

 

彼がどれほど凄いのは、ここにまとめてみました。

 

 

目次

イニエスタのヒストリー 

スペイン語でエル・イルシオニスタ(手品師)と呼ばれる、バルセロナの象徴であり、スペイン代表の中心選手の1人です。

 

幼少の頃より卓越したサッカーセンスの持ち主で注目を集めていて、当初はレアルマドリードへの下部組織に入団する予定だったが、両親の意向でバルセロナになった経緯があります。

 

レアルに入団していたら歴史はどうなっていたのでしょうね。

 

FCバルセロナ入団後はユースチームで実績を積み上げ、ポジションも攻撃的MFに固定されます。

 

2002年にトップデビューを飾り、リケルメロナウジーニョのバックアップとして試合で活躍し、2005年のライカールト監督のもと、スタメンに定着してから一気に才能が開花しました。

 

2018年に退団するまでバルセロナ一筋、数々の伝説を作り、多くのファンのみならずサッカー選手達からイニエスタこそバロンドールにふさわしい、最高の選手、とまで言われるようになりました。

 

プレースタイル

171cmと現代のサッカー選手としては小柄です。

 

それでいてここまでの名声を手にいれたのは、紛れもない最高のサッカーセンスを持っているからです。

 

洞察力と視野の広さが素晴らしく、また一見してスピードがないように見えますが、初速がとても早く、また小柄であるため小回りも利き、密集地帯をスルスルと抜け出すドリブルは一級品です。

 

パス1つ1つに無駄がなく、イニエスタがゲームを作ることによって、バルセロナというチームは完璧にオーガナイズされます。

 

どんなパスでもぴたりと足元に収める圧倒的なスキル、次のプレーに移るための考えるスピードは他の選手にはないものだと言えます。

 

攻撃的MFのイメージは強いですが、FWやウイング、ピボーテでも高いレベルでプレーできるため、長い間代えのきかない選手でした。

 

見た目はサッカー選手に見えずバルの店員みたいです

イニエスタが愛されるのはプレーだけではなく、人柄にあります。

 

その風貌はまるでスペインのバルで働いている店員みたいに思えませんか?

 

 

Empezando el día con energía!!! #Elgorriaga 💪

Andres Iniestaさん(@andresiniesta8)がシェアした投稿 -

 

シャイで優しく、エゴを表に出さないイニエスタはスペイン人からだけではなく、世界中の人から愛される存在です。

 

クラブW杯で日本に来日していたときに、地下鉄に乗っても日常に溶け込んでいた姿は印象的でした。

f:id:shinpsonkun:20180520005054p:plain

イニエスタ本人のFBより。)

 

 

どれだけ活躍できるだろう

サッカー選手としての才能は疑うべきものではないです。

 

過去にたくさんの大物が来日しましたが、それ以上の才能です。

 

年齢も34歳になったとはいえ、まだまだ現役バリバリです。

 

心配なのはチームメイトのレベルです。

 

バルセロナのサッカーを身につけたイニエスタと同じくらいの絵が描けるチームメイトがどれだけいるのでしょうか。

 

人を使い、自身のサッカーを表現するイニエスタなので、そこだけは心配です。

 

ただ、だからと言って単独では何もできない選手でもないので、いざとなったら一人で試合を決めてしまうかもしれません。

 

幸いチームにはポドルスキがいるので、サッカーで孤立することはないと願いたいですが、ヴィッセル神戸に大きな化学反応が起こることを期待しています。

 

Youtubeイニエスタのプレーを見てみる

 

 

まとめ

入団が決まったら、日本のサッカー環境が大きく変わる可能性を秘めています。

 

それほどイニエスタという選手は大きな存在です。

 

ピッチに手品をしかけて、そのタネが暴かれたときはボールは相手ゴールに決まっているはずです。

 

一挙手一投足をその目の前で確かめるために、スタジアムへ行きましょう。

 

Jリーグに所属したスペイン人選手▼

www.amsams.site