低体温症とは?登山家の栗城史多さんの死因。

登山家の栗城さんの死因となった低体温症ですが、どのような病気でどうなってしまうのでしょうか。

www.amsams.site

 

日常生活では聞かない病気ですよね。

 

調べていくと、この症状は決して登山だけ起こるものではないことがわかりました。

 

対処法も合わせて調べてみましたので、少しだけお付き合いください。

 

 

目次

低体温症とは?

ウキペディアにまとめられていましたので引用いたします。

 

低体温症(ていたいおんしょう、Hypothermia ハイポサーミア)とは、恒温動物の深部体温(中核体温)が、正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに生じる様々な症状の総称。ヒトでは、直腸温が35℃以下に低下した場合に低体温症と診断される。また、低体温症による死を凍死と呼ぶ。

 

低体温症による死を凍死と呼びます。

 

恒温動物の体温は一定の範囲内に保たれるような機能があります。

 

しかし、体温調節の限界を超えて寒い環境にさらされたり、何らかの原因で体温保持能力が低下したりすると、恒常体温の下限を下回るレベルまで体温が低下し、身体機能にさまざまな支障を生じ多臓器不全にいたります。

 

この状態が低体温症です。

 

低体温の定義

1つの目安としては体温が36℃を下回るかどうかと言われています。

 

平熱が36℃以下の人は低体温状態となり、身体に不調が生じる可能性が大きいので要注意です。

f:id:shinpsonkun:20180522082051j:plain

 

冷え性とは違う

よく混同されるのが低体温=冷え性です。

 

ですが、これには明確な違いがあります。

 

低体温:体温が36度以下で、体の中心部の温度が低い状態

 

冷え性:熱を運ぶ力が弱まることで、足や手の先などが冷えている状態

 

体温計で36℃以上であれば低体温ではありません。

 

低体温で起こる不調

身体にも様々な異変が起こります。

 

朝に起きれない、肩こりや頭痛がひどい、疲労を感じやすい、生理不順、太りやすいなどといった症状が起きます。

 

また低体温状態が続けば、リウマチ、心筋梗塞などの病気を引き起こすリスクが高まります。

 

自律神経も不調になってしまうと、吐き気やめまい、耳鳴りが頻繁に起こるので注意しましょう。

 

平熱が35℃が続くようであれば病院に行って精密検査をしてください。

 

低体温の改善方法

・冷たい飲み物や食事は避ける

・根菜を積極的に摂る(特に生姜は身体を温めてくれる効能があります)

・睡眠をしっかり取る

・薬を過剰摂取しない(化学医薬品は身体を冷やすと言われています)

・柔軟体操をする(身体の血行を良くする運動をしましょう)

・リンパマッサージをする(老廃物を排泄し、新陳代謝を高める)

・湯船に浸かる(シャワーのみでは身体の内部を温めてくれません)

・ノンカフェインの飲み物に変える(カフェインは交感神経を優位にしてしまいます。冷え症・むくみ体質の人はカフェインの飲み物は控えましょう。)

 

 

まとめ

日常に潜んでいる低体温ですが、だからこそ日常生活で極力気をつければ防げることがあります。

 

生活の乱れを自覚していましたら、ぜひ見直し、放っておかないようにしましょう。

 

決して雪山などだけで起こる病気ではありません。

 

体温計で体温チェックするのは一番簡単なので、少しでも身体に異変を感じたら平熱がどれだけあるか調べましょう。

 

【送料無料】耳式赤外線デジタル体温計 JPD-FR100+ バックライト搭載

 

 

【メール便 代金引換不可】体温計 赤外線 赤ちゃん お年寄り おでこ ひたい 耳 子ども ベビー 2秒 赤ちゃん用体温計 温度 簡単 早い 保育 介護 温度測定器 ドリテック TO-300