あいのり Asian Journey(アジアンジャーニー) 3話 あらすじ・ネタバレ ”泥に咲く花”

前回のあらすじ・ネタバレはこちら。

あいのり Asian Journey(アジアンジャーニー) 2話 あらすじ・ネタバレ ”だから男と女はすれ違う”

 

▼見逃し配信はこちら▼

まずは無料であいのりを視聴しよう!【FODプレミアム】

 

▼あいのりAsian Journeyについての記事はこちら▼

www.amsams.site

 

第2話でたかとゆめちんの恋の雲行きが怪しくなってきました。

 

そしてでっぱりんにの恋も動き出しました(*´ェ`*)ポッ

 

どんどんあいのりらしい話の展開になってきてワクワクしますよね♪

 

では第3話のネタバレをどうぞ!

 

目次

泥に咲く花 

f:id:shinpsonkun:20180516223002p:plain

 

でっぱりんのSEX感からスタートの第3話。

 

男性メンバーが草食系で愛のないエッチはありえないというのが信じられない、とスタッフに愚痴っていました。

 

そしてオープニングシーン。

 

井上苑子さんの「世界でいちばん」のテーマ曲に合わせて、メンバーの普段の日常が映し出されます。

せかいでいちばん [通常盤][CD] / 井上苑子

 

ぱらぱらと流れる日常の1コマと井上さんの曲がマッチしてますよね(*^^*)/

 

ラブワゴンは2つの恋(たか→ゆめちん、でっぱりん→裕ちゃん)を乗せて爆走します。

 

そしてゆめちんとでっぱりんはたかの部屋へ。

 

たかは体調不良で部屋で寝込んでいました。

 

二人は寝ているたかにご飯を持ってきてくれていました。

 

ゆめちんの日記にはたかが体調を崩したのは自分に原因があるのかも、と綴っていました。

 

っていうか、ゆめちんは自分のこと「ゆめ」と言い、字が小学生っぽいからあまり勉強できないタイプなのかな?(ただの偏見?笑)

 

そして、たかが体調不良になったのを機に、ゆめちんはたかとちゃんと向き合おうと決心します。

 

翌日、メンバーはドライバーちゅんさんの友人のお宅へo(^o^o)(o^o^)o

 

そこは陶器づくりを家業とするドンさん(64歳)のご一家。

 

ドンさんはお父さんラインさん(86歳!現役!)や家族・親戚と共に働いています。

 

ここで新たな恋も動き出そうとしていました!

 

ドンさん一家の陶器づくりのお手伝いを買って出たメンバー達、そこでモデルの卵アスカとどら焼き屋裕ちゃんは陶器を丸くする作業中です。

f:id:shinpsonkun:20180514011347p:plain

f:id:shinpsonkun:20180514010817p:plain

 

アスカは陶器を丸くする作業に苦戦中していて、それを見かねた裕ちゃんがアスカの手に自分の手を重ねて手伝います(;^ω^A テレテレ

 

二人の共同作業で綺麗に陶器が丸くなり、ハイタッチ。

 

アスカの日記には、裕ちゃんがリードしてくれて少しかっこよくみえた、と綴っていました。

 

お手伝いが終わったメンバーはドンさんが暮らす一軒家へ。

 

ドンさんの家は二階建ての3LDK、ここにドンさん夫婦、息子さん家族の5人暮らしです。

 

ご両親と兄弟も目と鼻の先の近くに住んでいます。

 

ドンさんはお手伝いのお礼に夕食に招待してくれました。(まぁヤラセ感プンプンですけど)

 

ドンさんたちは心を込めた精一杯のご馳走でもてなしをします。

 

ベトナムの家庭料理にメンバーも笑顔。

 

四世代の家族10人がテーブルを囲み、幸せな光景が広がっています。

 

決して裕福ではないけど、家族の笑顔が絶えないその雰囲気に、メンバーもベトナムの人の幸せな笑顔に何かを感じ取ります。

 

ゆめちんはドンさん一家に「何でそんな幸せなのですか?」に聞きたくなりました。

 

あいのり講座No.001 アジアで一番幸福な国ベトナム

イギリスのシンクタンクNEF(2016年)が発表している地球幸福度指数ではベトナムは世界5位。

 

1位 コスタリカ

2位 メキシコ

3位 コロンビア

4位 バヌアツ

5位 ベトナム

 

しかし日本は58位となっています。(幸福度を調査する機関はいろいろあります)

 

国民の平均年収が取り立てて高いわけではない、医療や福祉が充実しているわけではないベトナムがなぜ国民の幸福度が高いのか?

 

ベトナム人は言います。

「お金持ちでも幸せではない、貧乏でも幸せではない。家族が助け合うことが幸せ。」

 

ベトナムは農村社会なので家族の絆が強い。

 

ベトナム憲法には、家族は社会的細胞であると記されています。

 

良い家族があってこそ、良い社会が作られると考えられています。

 

ベトナムの平均月収約3万円で、日本は約26万円と約8分の1です。

 

3万円ではさすがのベトナムでも十分な生活ができるわけではない。

 

ベトナム人はお金で幸せを計っていません、家族が一緒に生活して子供達が良い大人になることを幸せと考えています。

 

将来子供達が自分達を養ってくれるから、仕事がなくなる不安もお金の不安もないと言います。

 

子供は独立すると実家の近くに家を建てて、家族・親戚の共同体で助け合うのがベトナムの習慣です。

 

誰かが失業しても親族一同で仕事を探す。

誰かが病気になっても家族・親戚は仕事より優先して看病する。

 

ベトナムの一人暮らしの割合は28%です。(日本は5%)

 

核家族も少なく、日本で問題とされている孤独死もほとんどない。

 

お金がなくても家族がいればいい。

 

 

この話にアスカは涙します。

 

でっぱりとゆめちんは、どんなお金持ちよりこのベトナム人達のほうが裕福な暮らしで幸せそうと語ります。

 

でっぱりんはお金より大切なものが分かったと頷いてました。(う、薄い感想だけど、まあいいか)

 

翌日メンバーは2005年に発見されたというティエンドゥオン洞窟へ。

 

ティエンドゥオン洞窟は深さ150m、全長31kmで世界最長の鍾乳洞と言われています。

 

その幻想的な美しさから天国の洞窟と名付けられています。

 

そこで落ち込み気味のたかがでっぱりんを誘います。

f:id:shinpsonkun:20180517010021p:plain

 

たかは恋のアドバイスをでっぱりんに求めていました。

 

たかはでっぱりんに聞きます。

「相手に振り向かせないといけない時、どうすればいい?」

 

でっぱりんは

「二人きりになった時にどういう会話しよう?」とたかに聞き返します。

 

たか

「とりあえず自分の事を知ってもらわないといけないから、自分の価値観とか話す。」

 

でっぱりん

「自分の話ばっかりやったら絶対つまらんやん。それが楽しいって思っとうか分からんやん。距離縮めるんやったらさ、そういう話よりも楽しい話とかその人が好きな話題とかから初めていった方がいいっちゃない?スイーツの話すれば?」

 

たかはそういう話が苦手と言いますが、すかさずでっぱりんがそういうのを克服してこんとさと若干キレ気味に言い返します(笑)。

 

でっぱりんはたかの性格というか、会話の下手さを見抜いていて的確なアドバイスを投げます。

 

そして、会話の後に「てへ」と言ってみたら、みたいな変なアドバイスを付け加えます。

 

でっぱりんに勇気と無責任なアドバイスをもらったたかは、早速ラブワゴンでゆめちんの隣の席へ。 

 

そのラブワゴンの中でたかは早速スイーツの話をゆめちんにします。

 

ゆめちんにオススメのスイーツ屋さんを聞きます。

 

ゆめちんは銀座にハチミツのモンブランがあって、そこを勧めます。(超美味しいけど名前は忘れたって笑。ゆめちんのトークも引くくらい面白くないし、トークに知性が感じられないのはわたしだけでしょうか(・_・?))

 

たかは銀座 はちみつ モンブラン でググれば出てきそうと笑い、すぐにあの「てへっ」を連発します。(あちゃー、こりゃダメだわ。たかの素晴らしく低いトーク力。。この二人ある意味お似合いだけど(笑))

 

次にたかは好きなモノってある?と聞きます。

 

花や洋服が好きとゆめちんは答えます。

 

このラブワゴンでの時間でたかは徐々に恋の迷路から抜け出せそうです。

 

スタジオトークその1

スタジオではMCとゲストがでっぱりんのたかへのアドバイスに感心します。

 

ベッキー河北麻友子さんは女性って話を聞いてもらいたい生き物と言いますが、男性陣はそうなんだぁみたいな感想です。

 

ここでもモテ(女性陣)と非モテ(男性陣)の対立の構図が浮き彫りになっています。

 

たかが体調を崩したからゆめちんがたかに少し歩み寄ったので、スタジオでは良かったねという雰囲気です。

 

裕ちゃんとアスカが二人きりに

翌日、メンバーは昼食でベトナムの名物バインミー(1個75円)を屋台で注文します。

 

バインミーとはお肉と野菜にたっぷりのパクチーをピリ辛のチリソースで味付けてパンで挟んだ食べ物です。(これ美味しいですよーd(⌒o⌒)b♪)

 

メンバーは美味しいと満足ですが、アスカだけは美味しくないとはっきり言います。

 

アスカはパクチーが嫌いで、そんなアスカを男性陣は正直なとこがいいと好印象。

 

アスカは思ったことは何でも口にするタイプです。

 

その日の午後、アスカと裕ちゃんが浜辺で二人きりに。

f:id:shinpsonkun:20180517012833p:plain

 

アスカは裕ちゃんに女性と喋るのは慣れてきた?と聞きます。

 

裕ちゃんはちょっとづつと答え会話がスタート。

 

裕ちゃんがアスカに最後の彼氏のことについて質問します。

 

アスカには去年の夏まで付き合った彼氏がいて、そこから半年くらいいません。

 

アスカが好きになる人はちょっと変わった人らしく、その元彼は47歳で、アスカがこれをしたいと言った事を全て叶えてくれる彼氏だったそうです。

 

アスカのことをお姫様みたいに扱ってくれていたそうで、それを聞いた裕ちゃんは少し引いてしまいます。(自分には絶対できないことだからですよね、現段階では。)

 

そして夕食時メンバーは将来について語ります。

 

ハト胸は独立して自営業をしたい、ゆめちんは洋服の仕事に携わりたい、アスカはモデルとして有名になってTGC(東京ガールスコレクション)を歩きたいと言った後言葉に詰まります。

 

そしてメンバーが心配そうに見守る中、アスカが口を開きます。

 

アスカは涙を浮かべながら、小さい頃から何度も死にたいと思っていたと告白。

 

なぜならアスカは両親に育ててもらえなくて、2歳から18歳まで施設で育って、親の愛とか家族というものが分からなくて辛かった過去をメンバーに伝えます。

 

アスカの両親はアスカが2歳の時に離婚、フィリップ人の母親にも、日本人の父親にも育ててもらえす児童養護施設に引き取られたそうです。(これは辛い。家族愛を受けずに育ってしまうと、その人生は歪んだものになってしまいます。)

 

高校卒業するまで16年間が児童養護施設が自分の居場所でした。

 

小さい頃に友達の家に行ったときに、お母さんはこんな人で普通の家族はこういう家に住むんだぁと羨ましく思ったそうです。

 

母の愛と家庭の暖かさを知らないアスカの辛い回想シーンでした。

 

それでも今はメンバーには、全てを伝えることはできなかった。

 

その夜、部屋の中からでっぱりんの笑い声が。

 

スタッフに現在の自分の恋の状況を伝えます。(何か嬉しいことがあったみたいな表情)

 

ラブワゴンで裕ちゃんがでっぱりんの肩をスリスリされて、これがキッカケででっぱりんはさらに裕ちゃんへの想いが強くなりました。

 

その後アスカもスタッフの部屋にやってきて、なんとアスカも裕ちゃんへ想いがあることを告白します。

 

なんと、ここで裕ちゃんを巡る三角関係が勃発です( -o-)/☆ビシ! ~(#ToT)アウ!

 

この自体を当の裕ちゃんはどう思っているのか?

 

裕ちゃんは恋愛では全然手数が出ず、まだまだ恋のリングにも立ててない状況だと振り返ります。

 

裕ちゃんは自分を巡る女性がいることに全く気付いていなかったのです。

 

スタジオトークその2

河北麻友子さんの不安は、裕ちゃんは天然すぎていろんな人に思わせぶりな行動を取ってしまうのが危険かもと指摘します。

 

大倉くんは、裕ちゃんがそのどっちかの女性に恋愛相談したら最悪な状況になると危惧していました。(なかなか的確なコメントです!)

 

ベッキーは裕ちゃんが二人にボディタッチをしていたけど、そこにはちょっとした差があったと言い、裕ちゃんはアスカの方に気持ちがある気がするという見解。

 

なぜなら裕ちゃんのボディタッチででっぱりんにはサラっとしたものだけど、アスカへは気持ちが入ったタッチだと感じていました。

 

たかの作戦

連日40℃近くの酷暑が続いているベトナムの空、たかがある人物を呼び出します。

 

それはでっぱりんでした。

 

たかはでっぱりんに今いるメンバーでは一番自分があいのりに不向きのメンバーだと思うと言います。

 

でっぱりんは私はめっちゃたかを応援しようと思っていて、だからそんなネガティブな気持ちは良くないとアドバイス

 

そしてでっぱりんとたかで作戦を考えることに。

 

でっぱりんは、とにかく笑顔で話す、とアドバイスすると、たかは早速実践しますが、その笑顔での話し方が普段の喋り方と極端すぎると指摘します。

 

何事にも程よい加減ということがたかには分からないのです。(真面目すぎるから・・)

 

でっぱりんとの作戦タイムが終わり、次はゆめちんを呼び出ます。

f:id:shinpsonkun:20180517022705p:plain

 

そしてゆめちんとのトークでは笑顔を忘れずに進めていきます。

 

二人の会話中、たかはゆめちんのハプニングを楽しめる点に感心し、ゆめちんはたかの物事を分析できる点に感心していると伝え合います。

 

たかはお互いの欠点を補える関係っていいよね、とゆめちんと盛り上がりますが、ゆめちんは炎天下の影響か汗がスカートにまで及んでいました。

 

そこでたかは汗拭きシートをゆめちんに渡します。(なんじゃこれ。さっさと日陰に移動するかしたらいいのにね)

 

ゆめちんの日記には

「最初のたかと比べたら感情をこめてお話してくれるようになったって気付いた。自分を変える努力をしててすごいと思った」と書かれていました。

 

 

この日ラブワゴンはハロン湾へ向かいます。

 

ハロン湾ベトナムで一番有名な絶景スポット。穏やかな水面に大小2,000もの島々が連なり、独特の景観を作り出しています。

 

1994年、ハロン湾世界遺産に登録されていて世界中から観光客が押し寄せています。

 

そんなハロン湾でのストーリーは特になく、いきなり夜の場面に切り替わります。 

 

その夜スタッフはたかを呼び出します。

 

スタッフはたかにネットカフェに行って調べる時間をもうけたいと申し出るが、たかは即座にもういらないです、と答えます。

 

あのスマホ依存症のたかはもうネットに頼らないようになっていました。

 

そして告白へ

たかはある場所へ向かいます。

 

それは蓮の花が咲いている場所でした。

 

2週間という限定で参加しているたかは、純粋無垢(?)なゆめちんに恋をしていました。

 

「泥が濃ければ濃いほど蓮って大きい花を咲かせる。」

 

はどんな汚い泥でも清らかで美しい花を咲かせる。

 

どんなに辛いことがあっても、それを糧に大輪の花を咲かせてほしい。

 

ゆめちんに自信をつけてあげたい!

 

そういう強い想いでたかは蓮の花にゆめちんを重ね合わせて摘んでいきます。(感動するシーンだけど、いいのか?勝手に花を摘んで。)

 

ゆめちんに人生のエールを送りたい、そう思ったたかが向かった先はラブワゴン。

f:id:shinpsonkun:20180517023410p:plain

 

たかはゆめちんに告白することを決意し、チケットをもらいます。

 

これがたかが日本に帰国する直前でした。

 

スタジオトークその3

この告白に向けたたかの行動にスタジオの一同は驚きます。

 

ベッキーが人ってこんな短期間で変わるんだね、と言い若林と春日も同じ感想を持ちます。

 

春日の思い込み

「もう絶対にうまくいくはず!」

 

河北麻友子の感覚

「まだまだどうなるか分からない!」

 

ベッキーは成功するかもと言い、若林はもしゆめちんが断ったらおれは暴れるかも、と笑いを誘います≧(´▽`)≦アハハハ

 

大倉くんは何もコメントなし(笑)。

 

 

まとめ

いやー、やっぱりたかはゆめちんに告白ですか。

 

個人的な感想は、たかもゆめちんも会話が面白くない恋愛不向き人間と感じました。

 

かっこいい、かわいいだけではちゃんとした恋愛できないんですよね。(何がちゃんとした恋愛かは難しいですけど)

 

中身がないとは言いませんが、恋愛経験値の低さがこの2人には見受けられました。

 

さてどうなることやら。

 

第4話では運命の告白の結果がわかります。

 

▼見逃し配信はこちら▼

まずは無料であいのりを視聴しよう!【FODプレミアム】

 

第1話のネタバレはこちら。

あいのり Asian Journey(アジアンジャーニー) 1話 あらすじ・ネタバレ ”新たな旅の幕開け”

第2話のネタバレはこちら。

あいのり Asian Journey(アジアンジャーニー) 2話 あらすじ・ネタバレ ”だから男と女はすれ違う”

 

次のネタバレはこちら。

あいのり Asian Journey(アジアンジャーニー) 4話 あらすじ・ネタバレ ”想いを花びらに乗せて”