スピードスケート高木美帆ちゃんはなでしこジャパン候補だった?

こんにちは。

 

この前VS嵐見ましたか?

 

 

平昌五輪で金メダルを獲得したパシュートチームが参戦していました!

 

チームパシュートは(スピードスケートや自転車)の団体追い抜き競技のことで、平昌五輪ではスピードスケートで金メダルを取り日本中を感動に包んでくれました。

 

そんなチームパシュートの女子メンバーたちが人気TV番組「VS嵐」に出演し、なんとパーフェクト達成という快挙を成し遂げました。

 

ほんとに勝負強いですよね笑

 

 

精鋭ぞろいのパシュートチームで存在感を示したのが、高木美帆さんです。

 

それが高木さんのキック力とボールリフティングの上手さです。 

 

 

高木美帆さんは実はサッカー経験者で、将来をとても期待されていた女性だったそうです。

 

どんな少女時代だったのでしょうか、少し調べてみました!

 

目次

高木美帆さんは元サッカー少女だった 

今でこそスピードスケートで大活躍されていますが、美帆さんは小さな頃から大のサッカー少女だったそうです。

 

f:id:shinpsonkun:20180512205928j:plain

 

高木美帆さんは北海道中川郡幕別町生まれの5人家族で、兄・姉はスピードスケート選手の影響で5歳からスケート靴を履いていました。

 

そしてまた7歳からサッカーにも打ち込み、中学時代はなんと男子にも混じりプレーをして、その中でレギュラーを奪いFWとして活躍しました。

 

北海道選抜にも選ばれU-15の合宿にも参加

持ち前のスポーツセンスですぐに頭角を現し、北海道選抜にも選ばれた。

 

そしてU-15ナショナルトレセンの合宿では、現在プロ女子サッカー選手の多くとともにプレーをしていました。

 

そのときのメンバーには猶本光さんもいたそうですよ。

 

 

当時はどんな選手だった?

高木美帆さんの印象を幕別札内FC・小田新紀監督が語っています。

 

「チームの攻撃の核。あまり器用ではないけどフィジカルは強く、ドリブルでグッとスピードに乗った時には、男子が置いていかれることもあった」

 

小さな頃から爆発的なスピードを武器に、サッカーでも男子に負けない実力だったそうですよ。

f:id:shinpsonkun:20180512212202j:plain 

(参考写真)

 

今のスピードスケートを見ていると頷けます。

 

サッカーに未練はあったが、兄・姉の後を追うようにスケートの世界へ

中学時代からサッカーとスケートの両立を目指していましたが、兄・姉の影響で結局スケートの道に進むことになりました。

 

スケートで世界と戦いたいと思うようになっていきました。

 

日本体育大学へはスポーツ推薦で入学し、代表での落選も経験しながら成長していきます。

 

姉がソチ五輪に選ばれ、自分が落選してから闘争心に火がついたと言われ、そこからの快進撃は今につながっています。

 

2018年3月10日に開催されたオランダのアムステルダム世界オールラウンドスピードスケート選手権大会では、男女を通じて日本選手としてのみならず、欧米以外の選手としても史上初となる大会総合優勝を飾りました。

 

 

まとめ

もし高木美帆さんにスケートがなかったら・・・

 

なでしこジャパンで活躍していた姿が目に浮かびます。

 

幼少の頃よりスポーツ万能で、成績も優秀。

 

しかもまだ若いのでこれから冬季オリンピックでも、さらにメダルを獲得しそうです。

 

筋力もすごいので、もしかしたら自転車競技でも才能が開花しそうです。

 

今からでもサッカー界に戻ってきませんか?笑

 

▼合わせて読みたい▼

www.amsams.site